日本を創造
  Profile
  (株)天本俊正・地域計画21事務所(代表取締役)

関係団体

福岡都市問題研究会・会長

NPOジオストラテジー研究機構・理事

前・日本戦略研究フォーラム・政策提言委員(平成24年11月退任)

(一財)国土計画協会・国土計画研究所客員研究員

北海道開発会・幹事

日本会議経済人同志会理事

  家  族 妻と長男、(長女は、結婚して独立)
  好  物 魚に日本酒;ビール(発泡酒好き)に枝豆も
  趣  味 山登り、尺八等、ジョギング
  好きな本 ジャンルを問わない;アガサクリステイも;中川八洋も:
  都市・地域開発のプロジェクト起こしに微力を捧げたい。
人間性豊かで各界に幅広いネットワークをもつ人になること。
  略   歴
  昭和17年

昭和24年

昭和32年3月

昭和35年

 1月1日生まれ、佐賀県出身(出生=旧満州国奉天市)

 4月 佐賀県基山小学校入学 

 福岡学芸大学付属福岡中学校卒業

 3月 福岡県立・修猷館高校卒業

  昭和40年  3月 東京大学経済学部卒業
  昭和40年  4月 建設省入省
  昭和46年  6月 建設省四国地方建設局人事課長
  昭和47年  9月 総理府交通安全対策室参事官補
  昭和48年 10月 福島県土木部監理課長
  昭和49年  7月 福島県生活環境部公害規制課長
  昭和51年  4月 建設省計画局宅地企画室課長補佐
  昭和54年  6月 本州四国連絡橋公団業務企画課長
  昭和56年  6月 住宅金融公庫総務課長
  昭和58年  4月 国土庁計画・調整局計画官
  昭和60年 11月 国土庁土地局地価調査課長
  昭和61年  6月 建設省関東地方建設局総務部長
  昭和63年  7月 建設省住宅局住宅政策課長
  平成 元年  8月 水資源開発公団総務部長
  平成 2年  6月 北海道開発庁総務課長(東京)
  平成 4年  6月 建設省大臣官房審議官(都市生活環境担当)
  平成 5年  7月 退官
  平成 6年  2月 株)都市経済研究所・取締役理事長
  平成 7年 10月 (株)天本俊正・地域計画21事務所
       設立

平成28年6月 現在に至る

関係団体(再掲)

福岡都市問題研究会・会長

NPOジオストラテジー研究機構・理事

前・日本戦略研究フォーラム・政策提言委員(平成24年11月退任)

(一財)国土計画協会・国土計画研究所客員研究員

北海道開発会・幹事

特技

英語検定=ケンブリッジ準1級(平成1年取得)

<ホームページ表紙へ>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(株)天本俊正・地域計画21事務所よりのお願い

平成28年6月4日

(株)天本俊正・地域計画21事務所

天本俊正

 

 弊社事業に常日頃ご指導ご鞭撻いただいておりありがとうございます。

 さて、弊社では平成28年度前半期を迎えるにあたり下記の項目について一層のご協力ご指導をいただきたいと考えています。事情ご賢察の上よろしくお願いいたします。

 

1.九州関連プロジェクトへの支援活動

 福岡をはじめとする九州のプロジェクトについてお手伝いをしております。都市再開発、高速道路関連、地域イベントなど、広範囲に情報、人脈を心がけています。

 1−2 福岡新空港・雁ノ巣立地

 福岡市新空港問題について、「環境共生型空港を考える会」に参加し、福岡市東区海の中道(雁ノ巣)での新空港立地の提言を行っています。平成16年12月には、県・市調査会に文書で提案もいたしました。

 2.道州制研究会

 

 山東良文様のご指導をえながら通称「バラの会」の研究会を平成16年より続けてきております。同17年10月には(財)国土計画協会ワーキンググループの中間報告のまとめにも関与しました。 

3.弊社コンサルタント業務

 

 国土交通省ほか公共土木の現場第1線で協力業務を行っている民間企業の営業等を支援しています。随意契約問題、公益法人改革問題など、いま、変化の予想される分野で民間企業は苦悩しています。情報収集等につとめ、この状況の乗り越えに役立つよう努めています。

 

4.NPOジオストラテジー研究機構の事業推進

 

 理事として天本俊正が参加している表記NPOは、平成13年12月に設立以来、地政学の日本での復興を目指し、微力ながらの研究活動を進めています。会員の拡大等、組織の強化が必要になってます。

 

5.そのほか

 

 福岡市港湾地区の再開発、中国東北部・瀋陽での都市事業等にかかわっていますが、なお主として都市・地域開発関連のコンサルタント業務を広げていきたい。

 

(以上)

 

かちがらす