INDEX
挨拶;天本俊正は、都市・地域のプロジェクトコーディネータとして再出発しています。その観点から意見を今後述べたいと存じます。以下の記述は平成10年7月段階のものですが、参考までに残しておきます。天本写真 天本俊正 天本写真
かちがらす
政策ガイドライン この国を変えよう
政治主張
政策発言
  なぜ、経済大国といわれた国が、これ程迄に自信を喪失したのか。
なぜ、前途有為な若者達に働く場がないのか。
なぜ、世界一給料が高い国といわれながら、私達は豊かさの実感に乏しいのか。

その根源に政治の貧困があります。

55年体制下で、既得権擁護の政治の主役を演じてきた自民党の政権に、この国を、私

達の暮らしの行き詰まりを、打破してくれる真の改革は期待できません。

こそ、停滞の政治を打破し、夢を抱ける未来を創造しましょう。

座していては変わりません。


Guest Book
かちがらす
プロフィール
著作
- 政治に信頼を取り戻す-

 国民から遊離し、信頼を失った政治を再生するには、まず政治家自身の改革が必要です。官依存、

利権追求の政治と決別し、「政策に責任を持つ政治家による、国民のための政治」を実行しなけれ

ばなりません。

   

- 大胆な行政改革を断行する-

 国民が求める新しい政治行政を進めるために、本気の改革が必要です。民間の力に信頼を置き、

簡素な制度をつくる。地方分権を進め、国と地方の役割を明確にする。もはや論議ではなく、実行の

段階です。

   

- 地域づくり・都市づくりを進める-

 私、天本俊正は、これまでの経験をフルに生かして、それぞれの町の個性に合った都市整備を進

めます。都市再開発や道路交通網、下水道などのインフラ整備を促進して、活力ある地域づくり、都

市づくりを実現したい。
どうか天本俊正を役立たせて下さい。

天本俊正の一口時評

なお、このホームページで掲載している「一口時評」の過去の分(平成17年より)をここに一挙に掲

載します。参考までに。

一口時評

一口時評集一口時評17/8/24  出産奨励、堕胎禁止とともに新しい経済成長政策を取らない限り日本衰亡に。さらにアメリカ経済の住宅建設、道路整備での景気浮揚にならい、日本も新公共事業政策を取るべき。

19/2/27国を愛する政治を取り戻さなければ日本は沈没だ。現憲法破棄、皇室復古、過

剰福祉是正の財政改革、地方を活性化させる中央集権的道州制、新社会資本投資構想などの政

策を遂行すべき。

一口時評19/3/9北朝鮮対応は、21世紀に迷い込んだ小ヒットラー国を相手

にするつもりで一切の妥協は禁物、拉致問題も正当な是正措置を要求し通すべき。だが、米中が

北朝鮮を取り込む態度をとるのも問題だ。

一口時評19/4/21平成19・新年度の日本が新展開を見せるよう期待する

。リストラ、「改革・改革」の連続はもうたくさんだ。地道な国民の努力を評価する政治が望まれる。

一口時評19/5/11イラク・マリキ首相はこの4月、お忍びで訪日、なにが目的

だったのか。イラク戦線はアメリカ不利の危うい状況。イラクは日本の民生顧問団などの支援を望

んでいるのでないか。応えるべきだ。

一口時評19/6/4「地方分権」はもう古い、国家が何をすべきか、が求められ

ている、とはある政治学者の卓見だが、道州制も国と地方、地域・家族の活性化につながる国・地

方一体の制度として改善すべきだ。

一口時評19/6/23公営年金は、制度的合理性がなく一日も早く解体すべき

だ。社会主義的制度を取り入れたことがそもそも間違い。補助金2分の1へ、などとんでもない。

現存年金制度を、分割民営化の方向に改正するしか、昨今の混乱、

国民の不安の解消はない。

一口時評19/9/7混迷の日本を立て直すために、新産業振興、雇用確保の

強力な新設の内政推進機関が必要。道州制政府を早急に国・地方一体の機関として新設すべき。

地方分権はもう古い。九州でモデルをやってみよう。

一口時評19/10/30守屋次官をかばう気はないが長く防衛省幹部として組織

を取り仕切ってきた功労も評価すべき。とかくマスコミ、政治、司法は、国民の感情を安易に扇動し

勝ちだが、国民は日本の心棒を揺らすほど不見識でないと信ずる。

一口時評19/11/24国発注の随契問題:競争入札への過信が発注問題をこ

じらせている。サービス・役務・調査研究の公正・選択(実質競争性)のルールをこの際確立すべき。

情報産業国家の条件だ。賢く優秀なサービスの選択には、責任ある随意契約の方がむしろふさわ

しい。安易な競争入札は、混乱・不公正・後退を招く。一方、オープンでない、馴れ合い的な随意契

約は、排除すべきも確かだ。

一口時評20/1/30道路特定財源の暫定税率は、道路整備の緊急性が一応

収まったのを考えれば廃止が筋、しかし激変緩和の措置と真に必要な道路整備の財源措置の確

保を考えれば、一部勢力のしゃにむの反対も飲めない。政治的な取引材料に持ち出してくる勢力

の意図は、邪だ。

一口時評20/1/30道路特定財源の暫定税率は、道路整備の緊急性が一応

収まったのを考えれば廃止が筋、しかし激変緩和の措置と真に必要な道路整備の財源措置の確保

を考えれば、一部勢力のしゃにむの反対も飲めない。政治的な取引材料に持ち出してくる勢力の

意図は、邪だ。

一口時評20/3/11ご皇室のありかたに一部ジャーナリズム等が批判めいた

動きを見せているが、国民はご皇室の繁栄、安泰を願う。旧宮家の復活、皇室財政の基盤強化(

帝室林、成田ロイヤル空港など旧財産の返却など)を行なうべきであって、ご皇族を苦しませるよう

な興味本位の取り上げ方は不健全だ。

一口時評20/3/21日銀総裁決まらずは仕方ない。白川総裁代行、西村副総

裁で思い切って若いがいい。アメリカ従属の国際金融政策から離れて国益尊重の金融運営をすべ

き。市中銀行をはじめ国民は一致して総裁代行を支持すべき。

一口時評20/4/12道路特定財源の一般財源化は理屈が通らない。道路利

用者が道路建設に応分の負担をするのは当たり前。特別の理由なしの形で道路利用者に高い税

負担を課すのは不当。当面、暫定税率の段階低減のみが妥当な線である。

一口時評20/5/27都市計画法の全面見直しが提案されているが、慎重な

検]が望まれる。日本民族興隆を考えると少子・高齢の人口減を前提とするのではなく、多子若齢の

社会へ復帰する社会意識改革を期待し、その成功を前提にすべき。10-20年のスパンで反転は

可能。都市はコンパクトシティを目指すのでいいが、自然をふんだんに

再生し、出生増、子育て、老後生活が都心部でもできる条件をまず探ることからはじめるべき。

一口時評20/7/4道州制は、内政改革として早期にやるべき。日本の歴史と

伝統に即し現実的な制度改善として道州制を考えるべき。従来あった首都圏整備委員会、近畿圏

整備本部等の強化された形を考えるべきだ。西川一誠福井県知事が主張(中央公論7月号)す

るように「幻想の道州制」は避けるべき。

一口時評20/8/14今こそ国を挙げての靖国神社参拝を。米停滞、BRICS成長の世界変化の中で日本が衰退でなくの繁栄の道を進むためには、日本民族としての

誇りと矜持を国民こぞって取り戻すことが必要。大東亜戦争の前の日本の国民意識を思い起こし、

気概を持つべき。日本は、武力では屈服されたが、国民の思いは正しかった。

一口時評20/9/9突然の福田内閣撤退、ある面では転換のチャンス、もう「リ

ストラ、改革続きの日本壊し」は賛成しない。安定した政策の展開を期待する。民主党も含め政界

再編もほしい。国民がしっかりすること。

一口時評20/10/29アメリカ発金融恐慌に全世界の金融・財政担当政策当局

は積極果敢な対応をすべき。超ケインズ的政策が必要。日本は、建設国債を大増発し新公共事業

を急ぎ実施すること。赤字国債の発行をやめ過剰福祉を早急に是正し、国民全ての階層に一層の

勤労と自己奮励、団結を要請すべき。元気づけに交際費減税、使途不明金重課の廃止、祝祭日の

削減など、ソフトな賢い政策の一例だ。

一口時評20/11/7空幕長・田母神俊雄氏の更迭は不当。小論文の原文を読

めば防衛省幹部として当然の素養・信念を披露したもの。わざと曲解して騒ぎ立てる新聞マスコミは

、言論・思想信条の自由を弾圧する非民主主義的行為である。国民は、このような一部新聞マスコ

ミ勢力の跋扈を強くとがめるべき。

 

一口時評20/12/22世界金融危機に伴う不況への対策として、建設国債(赤

字国債と違い資産の対応ある)を急遽、大増発し、新公共事業(環境、教育、大規模インフラなど)

を国・地方を通じて行なうべき。麻生内閣に期待する。

一口時評21/2/3世界金融危機に伴う不況に世界企業をはじめ世間全体が

過剰反応、人心は畏縮するばかり。V字型回復が可能を信じて、いつになく営業活動に力を入れる

とか、官民あげてイベントお祭りをなど、人心の鼓舞が大事。建設国債による大型公共投資とあわ

せ、減税も交際費減税などを優先すべき。

一口時評21/2/20中川昭一財務大臣の退任劇には、陰謀めいた疑いあり。

日本の政治は今、改憲派(靖国派が多い)と護憲派(対米追随派が多い)との思想闘争の只中に

あり、マスコミ偏向もふくめ謀略の動きに注意すべき。改憲派(靖国派が多い)内閣の麻生政権の

持続を祈る。

 

一口時評21/3/7水清くして魚棲まず。政治資金規正法は、政治的自由を著

しく損なっている。政治資金は原則、自由、かつ監視は外国資金による内乱誘発、悪質な買収、賄

などに限定さるべき。小沢党首を庇う訳ではないが、特捜のGESTAPOめいた機能の方が大問題

だ。

 

 

天本俊正ホームページ

 

一口時評集一口時評17/8/24  出産奨励、堕胎禁止とともに新しい経済成

長政策を取らない限り日本衰亡に。さらに

アメリカ経済の住宅建設、道路整備での景気浮揚にならい、日本も新公共事業政策を取るべき。

19/2/27国を愛する政治を取り戻さなければ日本は沈没だ。現憲法破棄、皇室復古、過

剰福祉是正の財政改革、地方を活性化させる中央集権的道州制、新社会資本投資構想などの政

策を遂行すべき。

一口時評19/3/9北朝鮮対応は、21世紀に迷い込んだ小ヒットラー国を相手

にするつもりで一切の妥協は禁物、拉致問題も正当な是正措置を要求し通すべき。だが、米中が北

朝鮮を取り込む態度をとるのも問題だ。

一口時評19/4/21平成19・新年度の日本が新展開を見せるよう期待する

。リストラ、「改革・改革」の連続はもうたくさんだ。地道な国民の努力を評価する政治が望まれる。

一口時評19/5/11イラク・マリキ首相はこの4月、お忍びで訪日、なにが目的

だったのか。イラク戦線はアメリカ不利の危うい状況。イラクは日本の民生顧問団などの支援を望

んでいるのでないか。応えるべきだ。

一口時評19/6/4「地方分権」はもう古い、国家が何をすべきか、が求められ

ている、とはある政治学者の卓見だが、道州制も国と地方、地域・家族の活性化につながる国・地

方一体の制度として改善すべきだ。

一口時評19/6/23公営年金は、制度的合理性がなく一日も早く解体すべき

だ。社会主義的制度を取り入れたことがそもそも間違い。補助金2分の1へ、などとんでもない。

現存年金制度を、分割民営化の方向に改正するしか、昨今の混乱、

国民の不安の解消はない。

一口時評19/9/7混迷の日本を立て直すために、新産業振興、雇用確保の

強力な新設の内政推進機関が必要。道州制政府を早急に国・地方一体の機関として新設すべき。

地方分権はもう古い。九州でモデルをやってみよう。

一口時評19/10/30守屋次官をかばう気はないが長く防衛省幹部として組織

を取り仕切ってきた功労も評価すべき。とかくマスコミ、政治、司法は、国民の感情を安易に扇動し

勝ちだが、国民は日本の心棒を揺らすほど不見識でないと信ずる。

一口時評19/11/24国発注の随契問題:競争入札への過信が発注問題をこ

じらせている。サービス・役務・調査研究の公正・選択(実質競争性)のルールをこの際確立すべき。

情報産業国家の条件だ。賢く優秀なサービスの選択には、責任ある随意契約の方がむしろふさわ

しい。安易な競争入札は、混乱・不公正・後退を招く。一方、オープンでない、馴れ合い的な随意契

約は、排除すべきも確かだ。

一口時評20/1/30道路特定財源の暫定税率は、道路整備の緊急性が一応

収まったのを考えれば廃止が筋、しかし激変緩和の措置と真に必要な道路整備の財源措置の確保

を考えれば、一部勢力のしゃにむの反対も飲めない。政治的な取引材料に持ち出してくる勢力の

意図は、邪だ。

一口時評20/1/30道路特定財源の暫定税率は、道路整備の緊急性が一応

まったのを考えれば廃止が筋、しかし激変緩和の措置と真に必要な道路整備の財源措置の確保を

考えれば、一部勢力のしゃにむの反対も飲めない。政治的な取引材料に持ち出してくる勢力の意図

は、邪だ。

一口時評20/3/11ご皇室のありかたに一部ジャーナリズム等が批判めいた

動きを見せているが、国民はご皇室の繁栄、安泰を願う。旧宮家の復活、皇室財政の基盤強化(

帝室林、成田ロイヤル空港など旧財産の返却など)を行なうべきであって、ご皇族を苦しませるよう

な興味本位の取り上げ方は不健全だ。

一口時評20/3/21日銀総裁決まらずは仕方ない。白川総裁代行、西村副総

で思い切って若いがいい。アメリカ従属の国際金融政策から離れて国益尊重の金融運営をすべき。

市中銀行をはじめ国民は一致して総裁代行を支持すべき。

一口時評20/4/12道路特定財源の一般財源化は理屈が通らない。道路利

用者が道路建設に応分の負担をするのは当たり前。特別の理由なしの形で道路利用者に高い税

負担を課すのは不当。当面、暫定税率の段階低減のみが妥当な線である。

一口時評20/5/27都市計画法の全面見直しが提案されているが、慎重な

検討が望まれる。日本民族興隆を考えると少子・高齢の人口減を前提とするのではなく、多子若齢

の社会へ復帰する社会意識改革を期待し、その成功を前提にすべき。10-20年のスパンで反転

は可能。都市はコンパクトシティを目指すのでいいが、自然をふんだんに

再生し、出生増、子育て、老後生活が都心部でもできる条件をまず探ることからはじめるべき。

一口時評20/7/4道州制は、内政改革として早期にやるべき。日本の歴史と

伝統に即し現実的な制度改善として道州制を考えるべき。従来あった首都圏整備委員会、近畿圏

整備本部等の強化された形を考えるべきだ。西川一誠福井県知事が主張(中央公論7月号)す

るように「幻想の道州制」は避けるべき。

一口時評20/8/14今こそ国を挙げての靖国神社参拝を。米停滞、BRICS成長の世界変化の中で日本が衰退でなくの繁栄の道を進むためには、日本民族としての

誇りと矜持を国民こぞって取り戻すことが必要。大東亜戦争の前の日本の国民意識を思い起こし、

気概を持つべき。日本は、武力では屈服されたが、国民の思いは正しかった。

一口時評20/9/9突然の福田内閣撤退、ある面では転換のチャンス、もう「リ

ストラ、改革続きの日本壊し」は賛成しない。安定した政策の展開を期待する。民主党も含め政界

再編もほしい。国民がしっかりすること。

一口時評20/10/29アメリカ発金融恐慌に全世界の金融・財政担当政策当

局は積極果敢な対応をすべき。超ケインズ的政策が必要。日本は、建設国債を大増発し新公共

事業を急ぎ実施すること。赤字国債の発行をやめ過剰福祉を早急に是正し、国民全ての階層に

一層の勤労と自己奮励、団結を要請すべき。元気づけに交際費減税、使途不明金重課の廃止、

祝祭日の削減など、ソフトな賢い政策の一例だ。

一口時評20/11/7空幕長・田母神俊雄氏の更迭は不当。小論文の原文を

読めば防衛省幹部として当然の素養・信念を披露したもの。わざと曲解して騒ぎ立てる新聞マス

コミは、言論・思想信条の自由を弾圧する非民主主義的行為である。国民は、このような一部新聞

マスコミ勢力の跋扈を強くとがめるべき。

 

一口時評20/12/22世界金融危機に伴う不況への対策として、建設国債(赤

字国債と違い資産の対応ある)を急遽、大増発し、新公共事業(環境、教育、大規模インフラなど)

を国・地方を通じて行なうべき。麻生内閣に期待する。

一口時評21/2/3世界金融危機に伴う不況に世界企業をはじめ世間全体が

過剰反応、人心は畏縮するばかり。V字型回復が可能を信じて、いつになく営業活動に力を入れる

とか、官民あげてイベントお祭りをなど、人心の鼓舞が大事。建設国債による大型公共投資とあわ

せ、減税も交際費減税などを優先すべき。

一口時評21/2/20中川昭一財務大臣の退任劇には、陰謀めいた疑いあり。

日本の政治は今、改憲派(靖国派が多い)と護憲派(対米追随派が多い)との思想闘争の只中にあ

り、マスコミ偏向もふくめ謀略の動きに注意すべき。改憲派(靖国派が多い)内閣の麻生政権の持

続を祈る。

一口時評21/4/2世界金融不況の財政政策としての新年度補正予算は、内

容をよくよく考えて波及効果が長期に大きい事業、国民の意欲を鼓舞するものを事業化すべき。リ

ニア新幹線もいいが、新科学文化大学、電柱の地中化、日韓トンネル、歴史国営公園(三内丸山

の縄文)などなど。交際費減税、扶養家族控除減税などもこの際すすめよう。皇室のご繁栄を願う

復古措置も早急に。

 

一口時評21/4/13高速料金1000円政策は、「朝三暮四」。ガソリン税暫定

高率課税の見返りで国民負担は変わらないごまかし、折角、高速料金が価格体系の中にほぼ合理

的に収まっていたのを破壊するだけ。世の中の習慣、歴史・伝統を破壊する「紅衛兵」的暴挙をいつ

]までも続けることは許されない。

 

一口時評21/5/4祝日のあり方を再考すべき。憲法記念日は、占領憲法を崇

める愚で廃止、天皇誕生日を大事にするため4月29日も廃止、わけのわからない体育の日とか

敬老の日も廃止。世界で祝日最多国の汚名返上

すべき。原爆の日やお盆は祝日に。振り替え休日は廃止。土曜半ドン復活。勤勉国民で不況克服

民族衰亡阻止を。そもそも現行祝日は、工場労働等大企業・大組織主体の考えで、情報時代(中

小独立経営・ホロン)にあっていない。

一口時評21/5/24国債を無限に出させてはいけない。「国富本位」制を提唱

する。国富の額のうち国の権力が影響を及ぼしうる範囲内でしか国は国債を発行できない。前提

1)私有財産制を最大限尊重2)国民は家族親族地域職域で自立してそれぞれ政府に依存しない3

)年金、保険は原則民営4)過渡的に新設の道州制で既存国債の非国債化を図る5)国民国家が

経済運営に責任を持つのでグローバル化には制限をかける6)国富の増強は国家が

リード 以上

一口時評21/6/12男女共同参画法を一日も早く廃止すべき。超低出生率を

克服するため貧しくても多くの子を産む女性のあり方、家族を育てる夫の役割を企業社会も規範

として取り戻すべき。経済以前の問題だ

一口時評21/7/21真夏の総選挙。国民は、近年、自分本位で、国と社会を

おろそかにし政治家・役人を馬鹿にしてきた付けを決算すべき時を迎えている。一億国民の総自

己反省の総選挙、民族の存亡と国の安全と第一に考えて選択すべき。ご機嫌取り、甘言、無責

任の公約、「権力奪取狙い」、にごまかされないこと。ただ、そもそも、選挙法は制約がきつ過ぎ

自由でのびのびした選挙が出来ない欠陥がある。インターネット許すべき。

一口時評21/9/2総選挙の結果は、民主圧勝・自民敗退。平成5年・細川

改革の再生かもしれないが、今、平成20年代は冷戦終結、世界金融恐慌で国難のとき、政治も各

派協力して、挙国一致で打開の道を探るべき。清新な人材が新政策を司るのもいいかもしれない。

しかし社会は微妙にして膨大な分業の塊だ。壊れぬよう慎重な対応をのぞむ。

 

一口時評

21/9/29鳩山内閣の経済政策は怪しい。リストラ的な「無駄使い退治」ばかりでは

経済は失速する。投資(公共・民間)誘発・促進を同時に行なわなければバランスを失する。ダム反

対などに意固地にこだわらず、宇宙開発、研究開発、都市整備などなにか、自分の知恵を出して

みるべき。ただただの破壊主義では、行き詰る。

八つ場ダムは法治国家なら完成させるのが当然だが、どうしても中止なら5都県が代わって

本体竣工、吾妻・利根川の一部管理する体制をつくるべき。暫定道州機構になろう。九州・川辺川

ダムも民間公募で治水利水を民間に任せ、球磨川くだりの拡大、水の海外輸出など知恵がでよう。

(21・10・23)

日本経済を失速させてはならない。税収が30兆円台に落ち込む(10年前は60兆)のを無策で

過ごしてはいけない。景気刺激のために民間・公共の投資を急ぎ増やす対策を構ずべき(事業見

直しなどの余裕なし)。国民の依存心ばかり助長する社会福祉の垂れ流しのための赤字国債を中

止し、ソフト資源を含め公共投資のための建設国債を、知恵を結集して内容を固め、増発すること。

(21.11.6)

 

一口時評21/12/22

「子ども手当」は、亡国の政策、やめるべき。働きもしないのにカネを恵むとは、国民を乞食にす

るもの。貧乏でも自分で稼いで子供を育てる気概を無くした国民には、衰退の道しかない。いつ「社

会主義社会」への道を国民は許したのか。日本、道を過てり。

一口時評22/2/10

小沢一郎民主党幹事長を庇う気はないが、特捜部のやり方はゲシュタポを髣髴させる。数年も

前の小土地取得がなぜこの時期に問題にされなければならないのか、収支報告記載ミスもこのよ

うな形で取り上げる必然性はない。検察の独善思い上がりは、暗黒社会につながる。マスコミも悪

い。プロパガンダや謀略・宣伝に易々と乗せられる国民が、問題。国民、すべからく猛省すべし。22/2/13追加:鳩山・老母いじめ報道は、謀略くさい,国民だまされるな。

一口時評22/2/27

地政学で賢い国民になろう。奥山真司氏「悪の論理で世界は動く」(李白社)は国民必読。日本

独立の機会が来ている。付け加えれば「産めよ殖やせよ」で家族・地域・職域基盤を固めなおして、

国民結束して日本独立を目指すべき。政治、言論に見る国民分断の新左翼跋扈を許すな。

一口時評22/3/9

環境保全はこれからの世界の最大課題。でもCO2:地球温暖化より原子力推進が大事、それも

従来のウラン原子力に変わるトリウム原子力をわが国は推進すべきでないか。原子力発電を公共

事業の柱に。

一口時評22/4/5

参院選を前に新党の動き、だが、今の浮ついた国民感情が安定的にならない限りどんな選挙を

やっても政権は不安定。こども手当てや公的年金など「国家」に甘える国民には、結局、ファッショ政

治しかありえない。過剰な福祉を返上するなど自立の心を国民が広く持つ、自分のことは自分で働

いて稼ぎ、家族も自分の力で守る。「立国は私なり(諭吉)」という。国民の自覚・反省がさき

 

一口時評22/5/3

現・占領憲法を一日も早く破棄せよ。日本の真の独立を侵している占領憲法は、改正に手間取

るよりまず廃棄(暫定憲法でいい)を国民投票で決めるべき。「憲法」がどうあろうと防衛の権利と軍

隊は、厳然として存在。問題はむしろ、現憲法に内在の左翼思想に毒されている家族基盤のあり方

、社会福祉や教育、地方自治などの規定を見直し、「衰退日本」を脱すべき。

一口時評22/5/26

普天間問題の考え方;米軍が去れば自衛隊を増強して沖縄守備を固めねば中国の属領になる

だけ。沖縄国民は、「自己犠牲」を厭わない「崇高」な精神が溢れているのかもしれないが、現況を

見れば日米同盟堅持、普天間・海兵隊維持が妥当な線、与党公約を切り違えるために「狂言」役者

を演じた鳩山首相はしたたかなものだ。これから日本がやるべきことは、「独立」のための21世紀型軍事増強である。21世紀型増強は、兵器よりむしろ国民精神の問題なのである。

一口時評22/6/11

菅直人へ注文@カネばら撒きの「こども手当て」は国民に乞食根性を植えるだけ。即中止A過

剰福祉の財源としての赤字国債の発行はやめ。新内容の公共投資をすべきB男女共同参画法の

廃止C現・占領憲法の廃止(3分の2の改正要件撤廃の暫定憲法でいい)

一口時評22/7/10

参院選の結果は、与党に厳しいものになっているだろう。国難のとき挙国一致で国を動かす必

要がある。基本は、日本民族の誇りを取り戻し、歴史と伝統、慣習・文化を守りながら世界の動きに

対応すべき。自由と私有財産制をまもり、「立国は私なり」、家族・地域・職域の基盤を日本流に再

生するべき。社会主義的動きを阻止すべき、だ。「西洋の死」(行き過ぎ個人主義)から脱却だ。

一口時評22/7/17

参院選の結果をみても、衆愚政治に近くなった政治に期待は無理だ。しばらく政治家はお休み。

政治家でなく、国民運動家、宗教家、実業家などが、国難のとき挙国一致で国をリードすべき段階

だ。日本民族の誇りを取り戻し、歴史と伝統、慣習・文化を守り、世界の動きに対応すべき。自由と

私有財産制をまもり、「立国は私なり」、家族・地域・職域の基盤を日本流に再生すべき。政治家も

政治も一休み、マスコミ、ジャーナリズムも反省すべき。

一口時評22/9/14

菅直人首相の続投だが、衆愚政治に期待は無理だ。政治家でなく、国民運動家、実業家、宗教

家などが、挙国一致で国をリードすべき。日本民族の誇り、歴史と伝統、慣習・文化を守り、自由と

私有財産制をまもり、「立国は私なり」、家族・地域・職域の基盤を日本流に再生すべき。政治家も

政治も一休みしておくがいい。新しいリーダーは国民の自覚の中からしか生まれない。

一口時評22/10/9

いま早急に必要な経済政策は、公共・民間を問わず投資拡大だ。公共投資は、新しい内容を

もりこみ、来るべき「太陽系大航海時代の日本」に備え、建設国債を発行すべき。民間投資誘導

には、銀行の貸し出しを拡充、先端投資を優遇すべき。ただし、前提として、過剰福祉を早急に是

正し赤字国債を封じ、家族主義に基づく多子多産の国民運動を推進し、国民の気概を奮起すべき。

一口時評22/10/28

事業仕分け3波も即時やめよ。「ムダ」の排除は、反面、「自由」の制限につながる。今の日

本に必要は、意欲ある新事業だ。既存制度の維持発展(改善も)を図りながら新事業を競うべき。

失敗やムダや浪費も結果的にはある程度、容認。「ムダ」排除は、左翼の論理だ。やめよ。

一口時評22/12/1来年度予算に望む1)新タイプの公共投資を

増やせ。例えば「光の道」を無電柱化事業で促進2)社会福祉予算を計画的に削減せよ。例えばこ

とも手当は、自己責任で家族を守る国民の気概をなくす亡国の政策だ。3)自衛隊予算の増額。総

括:左翼的政策は、日本再生に有害無用

一口時評22/12/25「小沢問題」は、ほどほどの解決が望ましい。細

川改革以来の政治改革は当初の狙いと違い、政治的自由を国民から奪う方向にいたずらに厳しく

なっている。おおらかな政治的自由の尊重こそ、この「失われた20年」から脱する道だ。ただし、小

沢一郎は、即引退がふさわしい。

一口時評23/1/1日本の目覚め リストラにおののき投資減退の経

済 亡国福祉の過食症と公共投資・防衛への拒食症併発の財政破綻 子どもを産まない女たちと

国を守らない男たち 衰退日本をとめるのは目覚める国民 美しい国土とはらからの民族精神 

・天本俊正もその一国民でありたいものです。

一口時評23/2/3国際リニアコライダーを佐賀・背振に誘致しよう。

「失われた20年」になる日本は素粒子物理のメッカになるくらいの気概はせめて見せたいものだ。

政府の勇断を期待する。

一口時評23/3/15福島原発の事故の教訓は国際的なものになる

だろう。トリウム原子力をこの際、わが国も真面目に取り組むべき。チェリノブイリ、スリーマイル

島の事故のように反原発の動きになってはいけない。原子力を使いこなすのは喫緊の人類の課

題である。わが国の原子力発電の再スタートに期待する。

一口時評23/4/15東日本震災からの復興を日本再生の契機に。国

民が「心一つ」になることが必要。日本民族を維持生長するため、「産めよ殖やせよ」の家族主義の

復活を図らなければならない。新左翼の民族破壊の思想を、この際、追い払うことこそ、日本再生

の鍵だ。むやみに政情不安を煽ることを止めさせよ。日本の原発技術にも自信をもて。実被害が

出ない収束が可能と信じて関係者の努力を支持せよ。

一口時評23/5/28トリウム原子力の推進を図るべき。この5月20日文春新書

で古川和男先生の「原発安全革命」が発刊。G8ドービルサミットでも原発の多様な発展を取り上げ

ている。ウラン軽水炉にとらわれない新しい安全な原子力の利用を日本の総力を上げて研究開発、

実用化すべき。基礎はできている。政策として取り上げるべき。

一口時評23/6/25福島原発被災は、政府として一日も早い安全宣言をすべ

き。実質被害は、人、物とも出ていないのに不安感ばかりが不当に煽られている。早く安全宣言を

出さないと取り返しがつかなくなる。汚染水は、太平洋の沖合いに投棄して何が悪いのだろうか?

福島原発被災は、チェリノブイリとは違い周辺被害はないに等しい。

一口時評23/7/30菅直人内閣に特に肩入れするわけではないが、首相退陣

を迫る野党、マスコミ、与党一部に大義はみえない。億兆、心を一つにすべき国難の時に政権交代

を闇雲に叫ぶのはいかがなものか?福島原発の冷温停止をはかり、復興を軌道にのせ、景気を

回復することが先決だ。政争は自粛せよ。

一口時評23/8/12 福島県の復興ビジョンで、原発安全に関し世界最先端の

知見・頭脳を招致し、廃炉基準と放射線の高度技術を福島から世界に発信するとしている。意気込

みやよし。福島の浜通りが原子力発電の安全のメッカになることをめざしてほしい。

一口時評23/9/5政権交代・民主3番手の野田内閣が発足。首相は「安定」

いう。誤った無道な「政治主導」でなく、淡々と国民の地道な努力を引き出すことに専念の政治で

あってほしい。国民が誇りを取り戻し、親孝行など日本の倫理・道徳を取り戻すこと。多子若齢化

社会に復帰すべし。しばらく「政治」は静観、マスコミ、ジャナリズムも静かにしているがいい。

一口時評23/10/4福島原発被災で、「緊急避難準備区域」が解除。

そもそも「緊急避難準備区域」とは退去は不必要。 原発爆発の可能性の避難と放射

線物質散乱からの避難と、混乱して指導した「政治」が間違った。

放射性物質は、電磁波やX線と同じで、異常に多くない限り無害だ。「福島・住めない」問題は、考え

方の誤りで、こじらせた。核エネルギー活用を万一やめたりしたら、日本民族は世界の指導的立

場を失う。太陽系航海時代に、放射線に不合理に恐れおののく臆病な民族など相手にされない。

一口時評23/11/17:TPPは不可解。シンガポール・ブルネイ・N

Z・チリの小さい国4カ国の構想にアメリカがなぜ乗ったのか?関税原則廃止なんて、国家の経済政

策を否定するもの。関税は低いがいいが、廃止できない。宇宙時代に向けても国家が、国際協力

の単位になり、民族の存在が前提は崩れない。崩してはいけない。本質を見極めるべき。

一口時評23/11/22:3次補正から来年度予算編成を通じて実質赤字国債

の大増発加速。財政破綻の最大の原因は過剰福祉。過剰福祉は、アヘンだ。日本国民は、福祉

アヘンの中毒に冒されている。4-5年かけて福祉の大幅削減を行なうしか日本再生はない。

年金は民営、生活保護は貸付、老齢

医療の削減を検討せよ

一口時評23/12/24:平成24年度予算政府案がひっそりと決まった。大

蔵原案から政府案決定まで世の中大騒ぎしていた昔が夢のよう。今のこれではファッショ予算の決

まり方、「政治主導」とかの実態は、このざまだ。中央・地方の行政担当も含め多くの意見を取り入

れるべき。過剰福祉を排除して国民が自立する国家予算をめざせば、活気ある予算作成になる。

一口時評24/1/6:新年は壬辰、女偏を加えれば妊娠。孕む、日本民族にとっていい年になる。貧乏人の子沢山、貧に陥ることを恐れず、男は大いに働き、女は大いに子どもを産む。自立する家族主義の国家を取り戻せば、過大福祉も是正できる。過大福祉はアヘンである。働き者から糧を奪い怠け者に与えるのが過剰福祉だ。福祉削減で、財政は好転し、国民は働く気を取り戻す。バケツの底抜けのまま増税消費税をつぎ込む馬鹿はない。

一口時評24/2/11:建国記念日にあたり日本国のいやさかを祈る。わが国はここ20年に停滞の時期に入っている。その最大の原因は、国民が自主独立の気迫を失っていることである。最たる現象は、アヘン的効果を及ぼしている過大福祉だ。働き者から奪い怠け者に与えるのが過剰福祉だ。これを打破するには、新教育勅語のような、道義を奮い起こす国民運動の盛り上がりしかないだろう。

一口時評24/2/24:橋下徹市長の「維新の会」は、既存政党に不満な国民の支持を得る可能性がある。アヘン的過剰福祉を是正し、出生率を高め、官民の投資を促せるなら、政治勢力として期待したい。主権は元首たる天皇にあるというなら、反対ではないが、主権は、むしろ自然法にある。「国民主権」という実体はありえない。国民に「主権」は、間違っている。傲慢から道義喪失、過剰福祉の遠因となっている。

一口時評24/3/22:誰も政治・経済・社会の混乱を望まないが、覚悟すべき時もある。過剰福祉放任の消費税増税、科学文明逆行の脱原発をみると、赤字国債の否決、原発再稼動の強行も断固行なうべし。国民の覚醒は、混乱の中でしか期待できない。「かたく神州の不滅を信じて総力を将来の建設に傾けよ」とは終戦の天皇のお言葉である。思い起こせ。

平成24年度

一口時評24/4/16:「脱原発」は日本を駄目にする決定的な政策の誤り。原発は、技術の進歩で安全に使いこなせる。低放射線の住民への悪影響はありえない。原発を使いこなす勇気を日本民族は失ってはならない。破壊主義の左翼の謀略に、負けてはならない。福島浜通りの即時・安全宣言を出せ。

一口時評24/4/27:ゴールデンウイークが始まる。祝日のあり方。1.憲法記念日は、米軍押し付け憲法を祝う必要ない。2.祝日が多すぎ。世界一は不名誉。振り替え休日はなくせ。3.日本伝統の正月、盆、天皇誕生日、建国記念日、春秋お彼岸くらいに集約。4.土曜半ドン復活。5.国民投票で祝日は決めろ。「父母に孝、兄弟に友、朋友相信じ」「忠実、業に服し、勤倹、産を治め、国運を発展させよ」

一口時評24/5/11:今の日本に必要な3つのSTOP=STOP DESTRUCTION(歴史と伝統を守れ。改革かぶれは悪弊):STOP CONTRACEPSION(民族維持:男女共同参画法廃止):STOP BIG GOVERNMENT (福祉削減が第一。投資優先に戻れ)・・・要は,社会主義の思想の時代ではないということ。私有財産と自由を守る。日本の伝統に帰るが、一番大事なのだ。

一口時評24/6/8:野田改造内閣に望む:今の日本に一番必要なのは、社会福祉の削減、適正化だ。例えば生活保護支給の見直しなど。それは国民の自覚を促し、民族維持のための家族基盤の強化、結婚・出産の奨励につながる。その目途がついたとき、消費税もふくめ税のあり方も議論できる。消費税増税固執は、妄想なり。

一口時評24/6/28:消費税増税法の民自公3党野合の衆院可決は、恥ずべきこと。赤字国債・財政破綻は過剰福祉・ばらまきに由来していることに目をつぶり、つくろいは役に立たない。投資抑制、過剰福祉は、働く者からカネを取り、怠け者にばらまくもの。世の中、よくならない。廃案を望む。

一口時評24/7/12:国家戦略会議の「日本再生戦略」を一読。嘆かわしい。成長率3%を無理やりつくり消費税増税を実現しようとする、ご都合主義のビジョンだ。今、政府がやるべきことは、社会福祉を削減し、家族・地域・職域の基盤強化で、日本民族の衰退を食い止める覚悟を国民に求めること、そのことに尽きるのに・・・。勤労公民、老若男女がそろって「一つ心」になって民族繁栄を願うべき。例えば、その第一歩に、フェミニズムを国民思想から追放せよ。

一口時評24/8/7:政局の混迷の責任は国民にある。消費税の扱いをはじめすべてを党利党略でしか考えない政党は、与野党とも情けない。解散して選びなおしてもこの国民では、せいぜい一時的な気休めリーダーしか出ない。ゆっくり国全体で行く末を考える「お休み」が適当だろう。政治休戦を内外に表明し,国民の覚醒を促すべき。

一口時評24/9/3:尖閣、竹島、北方領土は軍事的解決しかない。準備しろ。沖縄・奄美・小笠原を返還してくれたアメリカと徹底的に組み、中ロ韓と形式的には徹底、抗戦の姿勢を国を挙げて取るべし。福祉削減・軍事増強がわが日本を救う。巧妙な外交抗戦を行なえる布陣を、背水の陣で備えよ。

一口時評24/9/16:与野党の党首選は核心をそれている。本来違法の赤字国債で社会福祉の肥大化を無限に許し、国民の勤労精神を蝕んでいる。臨時国会での赤字国債法を廃案にしろ。今年度福祉支出の一律大はばカットこそ、いま急いでやるべきことだ。国民は衝撃に耐えられるはずだ。政治家はしっかりしろ。

一口時評24/9/29:原子力発電の火を減らす、あるいは消すのは、世界の科学最先端から引退する国に落ちるもの。ICRP(国際放射線防護委員会)が10/28から11/2まで福島で世界大会を開く。低量放射線は「無害」であること、退避は不要であること、国際基準の見直しが必要なことが打ち出されることを期待する。福島(浜どおり)は堂々と復興の道を歩む。日本・民主党政権は素直に誤りを正すべし。

一口時評24/11/2:ICRP(国際放射線防護委員会)が10/28から11/2まで福島で大会を開くと報道されていたが、消えた。低量放射線は「無害」であること、退避は不要であること、国際基準の見直しが必要なことを知らせる機会を失った。日本・民主党政権は、原子力を捨て、電力会社を国有化して「えせ社会主義国家」を作る企ての誤りを正すべし。あわせて赤字国債で国民を「福祉漬け」にして気力をそぐ企みも直ちにやめるべきだ。日本は「社会主義の暗黒国家」を望まない。

一口時評24/11/10:オバマ再選を歓迎せず。世界の先進国、新興国は意外にも社会主義的な文化・文明に向かい、人類の退化を引き起こしかねない。オバマもしかり。日本は「社会主義の暗黒国家」を望まない。家族、地域、職域の絆を大事にする民族の道徳、道義を取り戻さなければ、衰退しかない。行き過ぎた資本主義、個人主義、その裏返しの社会主義、無政府主義を克服し、日本は道義国家に戻るべき。終戦詔勅に「挙国一家、子孫にあい伝え、かたく神州の不滅を信じ、・・道義を篤くし志操を堅くし、誓って国体の精華を発揚すべし」とある

一口時評24/11/21:総選挙。日本の建て直しのきっかけにすべき。政治の混乱の責任は、国民にある。国民の品挌の低下の反映が、政治の混乱を起こしている。道義を篤くし志操を堅くするべし。家族を大事にし、子孫繁栄を願う、そういう謙虚な国民性に戻るべき。経済成長とか外交とか、財政赤字克服の前に、国民がしっかりした生活基盤を精神的に取り戻さない限り、いい政治家を選び出すことはできない。国民、総反省には、保守をともかく選べ。

一口時評24/12/18:総選挙の結果、自民・維新・公明で3分の2を越える。千載一隅のチャンス、改憲を一気に目指すべし。参院選挙でも改憲勢力が3分の2を超えるよう国民に訴えるべき。占領憲法を外さない限り日本民族は、孫悟空の頭の金輪のあるごとく、自由に生きてはいけない。千載一遇のチャンスを逃すな。

一口時評25/1/5:安部内閣に期待する。MEANな精神(人を信じない左翼思想)を捨てBIGな精神(歴史・伝統を信じる保守思想)に立て!民法を改正し、男女共同参画法などを廃止し、家族主義に戻り、女は、結婚を重んじ出生率を高め、男は国を守る気概・精神を高めるべき。人間の尊厳において男女は平等だが、果たす役割には違いがあり、違いを尊重しなければ民族は滅ぶ。急ぎ取り掛かるべき政策なり。

一口時評25/1/22:安部内閣にとって試練の国会が始まる。15ヶ月予算は、過剰福祉を含んだままで破綻のおそれあり。慎重な論議と執行が必要。道州制も、誤れる「地方分権」を含んだままだと危ぶまれる。国・地方一体の道州制ならば、国民の心を一つにする新政策を実行できる。道義国家を取り戻すことなり。

一口時評25/2/6:日銀総裁は、白川方明・現総裁の再任・続投とすべき。日銀は、政府から独立していなければならない。総裁は、金融に明るい才能のある人を各方面上げて責任ある人たちが水面下で人選を進めるべき。白川総裁は、国際的にも評価されており、続投になんら問題ない。

一口時評25/2/16:25年度予算の国会審議がやっとはじまる。財政赤字の解消法でなく、支出の内容の是非、不足を議論すべき。アメリカでもDEFICIT PROBREMをいうオバマ政権に対し保守派はSPENDING PROBREMをいう。日本でも亡国につながる過剰福祉に厳しいシーリングを設け、亡国を避ける国防・公共投資の増枠を設けるべし。交際費減税、扶養手当減税など人々の心を明るくする減税をすべき。

一口時評25/2/26:シニア・カムバック。建設業関係の労働力の不足は、技術から技能労力まで、ここに来て顕著だ。のりきるには、定年リタイヤー者の政策・組織的復帰が必要である。これを契機に、日本全国、全産業的にシニア・カムバックで日本経済を今しばらく持ちこたえるべし。脱・少子化の国民運動で、若い女性の結婚・出産奨励の効果が出るまでシニア・カムバックせよ。

一口時評25/3/25:タイ国(バンコック、アユタヤ)に小旅行をした。若い活力を感じさせる。懸命に仕事をする若者が目立つ。空港も真夜中でも人が行き来している。帰ってきた成田は、たまたま早朝のせいもあり田舎空港の印象、衰退する日本を象徴。日本は、今は若い女が子を産み、若い男が武勇を鍛えるが肝心だ。

平成25年度

一口時評25/4/15:道州制がまた俎上に上がってきた。今、必要なのは「億兆一心」の体制だ。国家解体につながるような「地方分権」でなく、国と地方が一体になる道州制を制度化しなければならない。府県廃止、国の権限の無謀な譲渡など、今までの道州制論議を白紙に戻して検討すべきである。

一口時評25/5/2:憲法改正の機運を歓迎。参院選挙で96条改正を可能にし、わが国自前の憲法を作れるよう、国民が結束すべき。憲法の内容は、まだ国民上げての議論が必要。残念にも現自民党草案は、占領憲法の欠点を克服していない。例えば、過剰福祉、個人主義の権利など、憲法で決めることはない。明治憲法は、権利思想などは、多くを法律に任せ、より自由、柔軟になっている。民族の歴史と伝統にもどれ。

一口時評25/5/23:軍隊と性で”prostitute”の問題は、政治は逃げるな。人権事案でない限り、治安、衛生、やはり歓楽の問題として大人の判断で、政治、行政の判断を粛々と具体化すべき。橋下発言は、したがって支持すべき。他党、他国、マスコミなどの非難は、あたらない。

一口時評25/6/8:安部内閣の森雅子少子化相が行なおうとする「女性手帳」を国民配布する企画を、支持する。卵子の老化をはじめ若い女性が当然認識すべきことを教えるのになにためらうか。安部総理のバックアップを期待する。

一口時評25/6/29:参議院選挙での保守派の勝利を期待する。ただ、自民政権は、いままで過剰福祉、怠け者に小遣いやるみたいなバラマキ財政をやってきた反省が必要である。男女共同参画法廃止による女性の出産意欲の回復に新政策を示せ。

一口時評25/7/11:参議院選挙での保守派の勝利を期待する。国家興隆の本は国民精神の剛健にあり(大正12:国民精神作興詔書)。いい加減な左翼思想が、インターネットとともに国民に浸透し、軽佻浮薄な投票に繋がりかねず、それを恐れる。質実剛健の国民精神を思い起こすべし。

一口時評25/7/17:参議院選挙での保守派の勝利を期待する。いい加減な左翼思想が、インターネットとともに国民に浸透し、軽佻浮薄な投票に繋がりかねず、それを恐れる。質実剛健の国民精神を思い起こすべし。ばら撒き過剰福祉のインチキ公約に惑わされず、必要なら困窮生活も覚悟する日本国民の真骨頂を見たいものだ。「貧乏人の子沢山」、産めよ殖やせよの国民気風がにじみだすことを期待する。

一口時評25/7/12:参議院選挙での安部自民の圧勝を歓迎する。平成にも国民精神作興の時が来た。軽佻浮薄な社会主義的過剰福祉と、売国の外交を排除する、愛国・質実剛健の国民精神を形成し中央政府に国民的支持を与えよ。3年間、政争を休もう。国民一致して、占領憲法を速やかに廃棄しよう。

一口時評25/8/1:保守安定政権に期待する。「清貧ファッショ」=いい子ぶって、小さな過ちをあげつらう風潮=をこの際、国民こぞって、つぶそう。軽佻浮薄な社会主義的過剰福祉と、売国の外交を排除せよ。愛国・質実剛健の国民精神を形成し中央政府に国民的支持を与えよ。

一口時評25/8/6:保守安定政権に期待する。愛国・質実剛健の国民精神を形成し中央政府に国民的支持を与えよ。軽佻浮薄な社会主義的過剰福祉を是正せよ。この8月、概算要求で福祉に全般的にシーリングをかけよ。各部門ごと、各ブロックごと、福祉が労働、教育、公共投資などと総合的に調整して減額しても効果を確保できるよう、各福祉行政主体ごとにシーリング(例えば2割一律減など)をかけ、政策努力、節減工夫を課す立法措置を予定せよ。第一線の国、地方の福祉公務員の怠慢を許すな。

一口時評25/8/31:軽佻浮薄な社会主義的過剰福祉を是正せよ。概算要求で福祉に全般的にシーリングをかけよ。各部門ごと、各地方ブロック・府県ごと、福祉が労働、教育、公共投資などと総合的に調整して減額しても効果を確保できるよう、各福祉行政主体ごとにシーリング(例えば2割一律減など)をかけ、政策努力、節減工夫を課す立法措置を予定せよ。第一線の国、地方の福祉公務員の怠慢を許すな。過剰福祉はアヘンなり。

一口時評25/9/18:2020東京オリンピック開催は喜ばしい。日本民族として恥ずかしくないホストぶりをやり遂げよう。国民の心が一つになることが必要。国土計画としては、脱・少子化とともに地方振興による国土の均衡発展が、この間、忘れてならぬ課題なり。7年間に「国民精神が剛健」になることを心がけたいもの。

一口時評25/10/5:予算編成で福祉に全般的にシーリングをかけよ。各部門ごと、各地方ブロック・府県ごと、福祉が労働、教育、公共投資などと総合的に調整し、減額しても効果を確保できるよう、各福祉行政主体ごとにシーリング(例えば2割一律減など)をかけ、政策努力、節減工夫を課す立法措置を行なえ。税収の過半をしめる福祉予算の横暴は、戦前の軍国主義の軍事費の横暴に匹敵する。過剰福祉はアヘンなり。地方分権は福祉減額に力を発揮せよ。

一口時評25/11/11:安部首相の靖国参拝は、今年の8月15日は見送りとなり残念であった。日本国民に靖国参拝にわだかまりを持つ人々が少なからず存在することは、認めなければなるまい。「億兆一心」という。国民の圧倒的多数の賛同の中で、首相は靖国参拝をすべきである。なお、外国から内政干渉の理不尽な見解があるが、これらは平然と無視すればいい。

一口時評25/11/16:秘密保護法は、制定せよ。隣国との関係が難しくなり、民主主義国の存立をかけた軍事同盟も必要な時に機密保護法の制定は当然である。アジアにおいて「社会主義勢力」の跋扈を許してはならない。日本国民は、覚悟を決める時なのだ。

一口時評25/12/6:中国の防空識別圏の一方的設置は、中国国情が困難に満ち満ちてきているを表している。焦りが傲慢の裏にある。隣国としては中国の混乱を見定めつつ、重大な覚悟をすべき。戦後おおむね70年ぶりにして戦争体制を整備していく必要あり。怠ると日本民族はゼノサイド(大量虐殺)を受けることになりかねない。廣島/長崎の二の舞はごめんだ。

一口時評25/12/20:猪瀬都知事は、事態の経緯を見れば器が都知事に不適だった。都民は、次にはふさわしい人物を選出することができるか?危ない。素直な「大物」を探せ。オリンピックの準備に手抜かりは許せない。きちんとした知事を選べなかった都民の反省が何より大切だ。

一口時評25/12/26:今日の安部首相の靖国参拝は、首相としては淡々と行なったことにしておけばよい。ただ、残念ながら日本国民に靖国参拝にわだかまりを持つ人々が少なからず存在することは、認めなければなるまい。「億兆一心」という。本来なら国民の圧倒的多数の賛同の中で、首相は靖国参拝をすべき。なお、外国から内政干渉の理不尽な見解があるが、これらは平然と無視すればいい。首相を国民こぞって支持すべき。

一口時評26/1/6:新年あけましておめでとうございます。平成26年、国民がこぞって心がけることは、生活の基礎たる家族のあり方,人の付き合い方、働きかた、根本がゆらいでいること。子どもが生まれないは、最大の証左だ。えせフェミニズムを急ぎ打破し、経済より道義を重んじる世論を醸し出すべき。「国家興隆の本は、国民精神の剛健にあり」(国民精神作興詔書=大正12)

一口時評26/1/13:平成26年1月国会も始まり日本の今後が議論される。経済成長よりも、国民生活の基盤がしっかりしたものにすることだ。またぞろ経済成長のために「女性の活用」などと誤った政策を言う筋がいるのは残念。若い女性は、早く家族を形成し子孫繁栄の基礎を築くのが、使命である。マララ・ユスフザイちゃんの主張は主張としてイスラム世界にも改善すべき点があるが、イスラム世界が子孫繁栄のしっかりした民族思想を共有していることに、日本は学ぶべき。

一口時評26/1/20:都知事選挙は、混迷を来たしそう。細川元総理の出馬は、それ自身は期待できるが、脱原発はいただけない。舛添要一氏は、元厚労相での力腕は評価は低い。田母神俊雄氏の政策は、正しいが、「軍人は政治にかかわらず」の軍人勅諭を守ったがいい。つまり、都民は適切な候補を持たずに選挙に臨む。混迷は都民の道義・志操の日ごろの低さに由来する。

一口時評26/2/4:長谷川三千子・埼玉大名誉教授(NHK経営委員)は、新春の新聞コラムで「女性の出産、男性の家族扶養」の役割分担の正当さを主張した。日本にもまともな学者がいた。例によってマスコミ等は、時代錯誤の愚かな批判を出しているが恥を知るべし。民族が栄える道徳を一日も早く国を挙げて取り戻すべき。人口減を是認する思想は狂っている。

一口時評26/2/17:都知事選は、細川護熙氏の敗退に終わった。平成5年の細川改革は、日本政治の転機を飾った。その後「失われた20年」は、停滞の道でしかなかった。今、日本民族の歴史と伝統、慣習と文化を取り戻し、民族覚醒すれば、婚姻・出生・子の生長のサイクルも盛んになり、活気を取り戻すことができる。家族主義日本の民法改正、脱少子化の国土計画を策定すべし。

一口時評26/3/1:予算案が衆院通過。予算の早期成立は望ましいが、過剰福祉による財政大幅赤字が、今後も続くことは望ましくない。議論して、過剰福祉が国民の働く意欲、健全家族の形成意欲を失っている状況を見極めるべき。国の指導力を強めるため道州制の制度化も検討すべし。

一口時評26/3/12:中韓の反日謀略の国際的動きに十分注意すべき。靖国、南京、慰安婦、いずれの問題も正当に淡々と反論を内外で続けるべき。一切の妥協は、相手を付け上がらすのみ。早く憲法改正をして十分な国防力を備えること。ただし、一番の国防は国民精神の剛健と出生率をあげることだが・・。

一口時評26/3/22:政府・与党が、婚活の国民運動に関心を持つようになった。いいこと。昭和16年の人口政策は、「個人を基礎とする世界観を排し、家と民族を基礎とする世界観の確立、徹底」がわが国人口の量的・質的な発展に不可欠を強調した。現在にも通じる。男女共同法の廃止、ジェンダーフリーの抑制を即刻、進めること。経済成長より出産増が「幸せ」を国民に与える。

平成26年度

一口時評26/4/7:占領憲法の廃止を速やかに実行すべし。中韓露の国境紛争は、武力衝突不可避と覚悟し、集団自衛権はもちろん、他の国内法制も早急に整備すべし。武力衝突に弱みを見せれば、祖国崩壊は避けられない。家族尊重も「個人をー」から「家と民族とを基礎とする世界観」に切り替え、民法も改正しなければ、人口増は見込めないし、人口増は国家興隆の本である。

一口時評26/4/19:「失われた20年」の結果は、人口減、貯蓄率ゼロ、貿易赤字、財政大赤字の惨憺たる有様だ。この惨めな状況を正視せよ。平成日本の「国是」としては、独立自尊の民族意識の高揚の要、緊切なるものあり。男の役割、女の役割を自覚して、人口政策で人口の発展増殖、資質の向上をめざせ。今は「経済成長」より民族滅亡の道を脱する民族意識の覚醒こそ、喫緊の課題だ。脱・福祉亡国で、日米環太平洋同盟を根幹とする大東亜の新秩序に再度挑戦すべきであろう。

一口時評26/5/19:現憲法は、国際法からみて無効。一切、尊重するに及ばない。一日も早く形式的にも廃棄すべき。国会で圧倒的に廃棄を宣言し、国民投票で承認をとればいい。まったく新たに暫定憲法を制定する準備をせよ。中韓などと戦争状態になってから、おたおたするなど許せない。古賀誠某、加藤紘一某、野中広務某の3人組は、なんたる売国奴か!

一口時評26/5/31:人口問題にやっと世論が動き始めた。某意見広告は「2050年に2億人」と打ち出した。それもよいが、手段が、子ども手当て保育園の充実などバラマキの域を出ていない。国民精神が、意気軒昂でなければ、民族繁栄に結びつかない。「個人を基礎とする世界観」を排し、「家と民族を基礎とする世界観」の確立、徹底しか、本当の解決策はない。

一口時評26/6/11:国会は集団的自衛権とTPPの議論が国民得心とならぬまま閉会を迎える。新しい国家目標を「民族としての人口増」「日米同盟・環太平洋の結合による新・大東亜の建設」において国民各層、特に若い世代とシニア層の奮起を期待すべき。若い世代は、結婚を急ぎ子孫繁栄の気概、シニア層は、公的福祉から自立の気概を持つことだ。

一口時評26/6/21:新しい国土計画を国を上げて作る時だ。@脱少子化;女性の早婚を奨励A脱・「社会主義」;過剰な福祉は、勤労意欲をそぎ衰退への道を進む。B強い日本;積極平和は日米同盟・環太平洋連携の強化で。衰退日本は、国民の自覚がなければ止まらない。

一口時評26/7/14:安部2次政権は、着々と日本再生の政策を実行し、評価するが、成長政策で安易に女性活用のスローガンを強調するのはいかがか。脱少子化の担い手は、若い女性であり、働く若い男性の協力だ。結婚し家族を形成する若いカップルの努力を、社会全体を上げて支援すべきである。「専業主婦」の尊さをけなすフェミニズムは、時代遅れの邪悪な思想である。

一口時評26/7/28:ウクライナ東部での親露派軍のマレーシア機誤爆の最終的な責任は、ロシア・プーチン大統領の辞任によるしか円満な解決方法はない。同様な事件の可能性は、習近平率いるCHICOM中国でも起こりうると覚悟してかかる必要がある。世界は、緊張の時代に入っている。日本も屋台骨を急ぎ修復をしておかなければならない。「億兆一心」を求む時代である。

一口時評26/8/12:朝日新聞が韓国・慰安婦誤報を認める。日本国にとって喉に刺さった骨がとれたよう。朝日の罪は軽くはないが、しかし、誤報を認めた勇気は、一定、評価すべきだろう。国運停滞、出生力落ち民族衰退している時、挙国一致の動きも必要である。心すべし。

一口時評26/8/28:来年度概算要求の時期。またしても厚生労働省の概算要求は、突出している。財源手当ては、財務省の仕事、福祉の水準は立法による、とばかりに税収の過半、赤字国債発行前提の要求を出す無責任さは、到底許されない。厚労省の解体を国民は要求せよ。

一口時評26/9/15:「まち・ひと・しごと創生」政策を動かそうとしているが、焦点が明確でない。国民全体が希望を失っている。その核心は、家族、地域、職域の絆が切られていること。占領憲法と戦後民法が元凶。「家と民族を基礎とする世界観」を取り戻さない限り政策は成功しない。社会主義的日本に堕している世相を変えるよう、政府は呼びかけよ。男女共同参画法を即時撤廃せよ

一口時評26/10/7:消費税10%は、潔く撤退せよ。まず、「出血」を止めよ。財政破綻の原因は、過剰福祉のバラマキ、赤字国債発行にある。過剰福祉に対して、厳格なマイナスシーリングを適用し、この5年ー10年で30兆円を10兆円まで縮減せよ。福祉マイナスシーリングには、雇用対策、戸籍による家族相互扶助など地方総合行政で対応させよ。国は指導せよ。まず、「出血」を止めよ。国・地方一体の道州制で国は指導せよ。

一口時評26/11/7:小渕経産相・松島法相の退任騒動に思う。恥ずべきは、追求した野党陣、煽ったマスコミ、本質を見ない国民だ。政治活動には、自由が最も大事、寛容が必要。「小過をとがめず、陰私を暴かず、旧悪を覚えず」政治資金規正法、選挙法の過度の神経質さは、悪法となれり。戦前、政争がひどすぎ軍部横暴に導いた。おおらかな民主政治の進め方を習熟すべし。政治資金規正法、選挙法は、規制緩和を。

一口時評26/11/15:国会解散?民主のデタラメ政治の反動で安定政治を望んでいたのに解散は解せない。消費税アップを解消するための解散ならば強くそれを訴えるべき。過剰福祉にマイナスシーリングを課せ。出血をまず止めよ。

一口時評26/11/27:国会解散で国民に信を問うべきは、@男女共同参画法を撤廃し結婚の促進、出産の奨励。A過剰福祉にマイナスシーリングを課し財政破綻の「出血」をまず止めること。B国防を強化し、国土守備、民族安寧の備えること。以上だが、総じて国民意識を引き締め、一体感を訴えるべきである。

一口時評26/12/13:明日、総選挙の投票。国民は、冷静に将来を見極めようとしている。麻生副総理の「子ども産め」発言を問題視しようとした左翼勢力、フェミニスト、マスコミ、一部野党の目論見に国民は肩透かしを食らわせた。家族基盤の復活なくして国民の真の幸福はない。左翼的傲慢は、消え去れ。

一口時評26/12/27:安部3次政権が日本の政治を担う平成27年以降、希望が持てる。希望が希望であるためには、国民の自覚が肝要。脱少子化、脱福祉亡国、国の自衛、これを実現するのは、国民の覚悟である。苦しい状況を耐えに耐え国家の基本たる家族基盤、職域基盤、地域基盤を堅固にするよう国民各人が奮闘すべきである。国民上げての苦闘の中に希望がある。

一口時評27/1/19:ある政府金融機関が最高幹部を今更ながら「公募」により決めるという。愚行かぎりない。組織は複雑な要件、将来へのみんなの期待などをない混ぜて最高幹部の選定を行なう伝統、慣行等を作り上げている。思い上がりのやりたい人間をいい加減でいんちきな選考委員会で決めればその組織はつぶれるに決まっている。「行政改革」の愚行を早くやめるべきだ。

一口時評27/2/12:地方創生の政策が動こうとしている。歓迎すべきことだが、最大の課題は、脱・少子化、脱・福祉亡国である。家族・職域・地域基盤をわが国の伝統慣習に立ち戻る形で復興するが、肝要である。憲法改正して家族尊重の条項を入れるのも地方創生の本当の政策である。

一口時評27/3/4;群馬大病院の腹腔鏡手術の不成功事案の報道のあり方にi異議あり。100件近い施術例のうちの1割程度の不幸な結果をあたかもそれが全てで、しかもひどいミスによるものと決め付けて、読者の不安を煽るマスコミは、悪者である。腹腔鏡手術は、画期的な新技術であり、不当にけなすのは許されない。

口時評27/3/11;脱・少子化、脱・福祉亡国の国土計画を一日も早く実行するため憲法改正を急げ。一日遅れる毎に民族自殺と財政破綻が近付く。天皇、制度、過半数改憲を残し現憲法を廃止し、暫定憲法を当面、施行する形で、日本国にふさわしい憲法改正を時間をかけて目指すべき。

一口時評27/3/31;中国の国際インフラ銀行の設立に端然とした姿勢を示すのはいい。しかし中国のこの20年の超高度成長の実績を認め国際社会への取り込みに新秩序を構想すべき。世界島のランドパワーと日米などのシーパワーの共存的バランスパワーのあり方を国を挙げて早急に考えるべきだ。TPPもいいが、もっと本格的な構想機関を同盟国でつくるべきだ。

平成27年度

一口時評27/4/11天皇皇后両陛下のパラオ・ペリリュー島への慰霊行幸は歴史的なことであった。大東亜戦争の一つの区切りであり、戦後昭和と平成の日本の一区切りである。国民の天皇陛下への崇拝の気持が、今回の慰霊行幸に通じたものである。世界は、アジア・太平洋を中心に新秩序の形成に向かう。日本民族の使命はなにか、億兆一心で追求すべきときである。

一口時評27/4/30安部政権は人口政策をとることにした以上、まち・ひと・しごと地方創生、国土形成計画改定で、明確な出生増対策を打ち出すべし。女性活用はマイナス影響、「夫が働き妻が家庭を守る」のモラル堅持。家制度の復活をイスラムに習いメレット方式で復活すべき。今やソフトの国土計画政策は、喫緊の要務になっている。フランス・スエーデンの真似は、社会破壊だ。「おにばば・ゲバ爺」の左翼的思想の跋扈をゆるしてはならない。

一口時評27/5/8安部政権の人口政策に期待する。「女性の活躍」は主婦の場に求めてほしい。女性の婿探しは、父親、母親の責任であることを打ち出されたい。「夫が働き妻が家庭を守る」のモラル堅持。家制度の復活をイスラムに習いメレット方式で復活すべき。「女権論者」の皆様よ、しばらく控えめにしておいてほしいー日本民族が衰退することにならないように。

一口時評27/5/25大阪都構想の住民投票の僅差敗北は、残念な結果である。「失われた20年」に陥っているわが国が、最大の課題である脱少子化・脱福祉亡国を成功させるには、国と地方と一体になった国家統治機構を確立するが不可欠。政令市は、廃止すべきだ。次に全国的にこれを実現するのは、道州制の導入しかない。国の地方支分部局と都道府県を総合調整する道州制を国家機関として早急に整備し脱少子化・脱福祉亡国の国土計画を推進すべきだ。

一口時評27/6/15人口と国土の長期ビジョンが策定中、放置すれば22世紀は絶滅危惧種になる日本民族の起死回生のビジョンを国民挙げて作るべき。「個人を基礎とする世界観」を排し「家と民族を基礎とする世界観」の確立徹底こそ、日本民族の永遠の発展につながるビジョンである。

一口時評27/6/26人口と国土の長期ビジョンが策定中。地方の2110年(平成122年)人口ビジョンに悲惨な数字を押し付けようとする内閣府の圧力はいかがなものか。「家と民族を基礎とする世界観」の確立徹底を全国各地が思い起こせば100年では数倍の人口も可能である。それこそ、日本民族の永遠の発展につながるビジョンである。内閣府の民族自殺的見解は引き込めてほしい。

一口時評27/7/3改定・国土形成計画(全国)の原案が提示され国民の意見を公募している。取りまとめに当たる担当者の熱意と苦労には敬意を表する。しかし、事業内容も計画数字もない「観測」にすぎない「作文」では、国民も扱いに困る。未来は予測するものでなく作るもの。国民の意欲を喚起する計画であってほしい。改定と同時に法改正を提起されたい。

一口時評27/7/23平成28年度予算概算要求基準に反対する。戦前の軍事費の横暴にも勝る福祉予算の大盤振る舞いは福祉亡国である。福祉予算にマイナスシーリングの大網を掛け、計画的に削減すべき。マイナスシーリングを総合的に調整する国の機関たる道州制を急ぎ整備すべし。地方自治の真摯な参加を得て、福祉の当事者が自ら知恵を絞り実行して福祉亡国を脱却すべし。

一口時評27/8/8知事会議は、地方創生交付金が1000億円程度にしかならないのを不満としてる。何を些事を考えているのか。国の収入50兆円のなかから30兆円を福祉に回し、多くが地方で支出する。生産性のない福祉予算の計画的な削減、マイナスシーリングをこそ知事会議から言い出すような、そんな知事の気概を期待したい。

口時評27/8/22首相談話は、70年節目の見解としては、合格。焦点は、次世代以降に謝罪の負い目をおわせないとしたこと。国民は、民族の誇りと自信を取り戻し、独自の道をとる。衰退する西欧文明(アメリカ、新興工業国をふくむ)から脱皮して、日本は、大東亜戦争以前に努力していた道を取り戻す。「八紘一宇」も「億兆一心:家族国家」も装い新たに復活させていくことになろう。

一口時評27/8/29内閣府は、男女共同参画の4次計画策定をやめよ。わが国の潜在成長率を落とし、国民を不幸に陥れる男女共同参画法の廃止が必要である。クオーター制もやめよ。女性の活躍の前に「専業主婦」で家庭を守り育ててきた大部分の女性の名誉と誇りを尊重せよ。女性を蔑視するフェミニストグループを追放せよ。

一口時評27/9/11安部総裁の再選に期待する。3年間の任期中に「戦後レジームからの脱却」を完遂せよ。内政では@「女性の活躍」をやめ家庭を守る主婦の立場を尊重A福祉予算にマイナスシーリングをかけ税収の2割に押さえ込むB皇室の11宮家を復活し、皇室財産も返還すること。外政は、日米・環太平洋同盟を機軸とする。これらができない時、伝統尊重野党に政権譲ること。

一口時評27/9/26平成28年度予算編成で赤字国債特例の扱いを厳しくすべし。特例法の特例でこの5年ほど赤字国債の発行を見て見ぬ振りをしてきた。身の程を知らない過剰な福祉予算(国税の6割もの30兆円を投入)は即刻取りやめるべき。道州制を導入して過剰福祉の後始末は国と地方で共同して行なう体制を作り、責任を持たせるべし。待ったなし、だ。

一口時評27/11/2「一億総活躍社会」の施策は、場当たりてきだ。出生増の人口政策と福祉削減の財政政策を政策の中心にすえるべき。然し、その本格打ち出しの前の対策としてやり始めた以上は、出生率1.8をめざしてあらゆる方策を国民に提示し、少しでも出生率の向上を図れ。女性の活躍は、まず「母親が家庭をしっかり守る」が第一である。「個人を基礎とする世界観を排し家と民族を基礎とする世界観の確立、徹底」しか方策はない。

一口時評27/11/13マスコミは臨時国会を開かないは民主主義に反する、とそしる。しっかり静かに国民が世の動きを考えるのもまた民主主義だ。マスコミは、あまりに世の物事を煽り立てすぎる。聖徳太子いわく「かたましくこぶる者は、好んで過ちを謗る。大乱のもとなり」(憲法6)

一口時評27/11/18マスコミは物事を煽り立てすぎる。聖徳太子曰く「かたましく媚ぶる者、好んで過ちを謗る。大乱のもと」(憲法6)マンション杭うち事件もよくよく事情を調査し、科学的に判断すれば、大騒ぎするほどのことでもない。むしろ書類の提出ばかり要求する形式主義の弊害を論ぜよ。

一口時評27/12/1福岡が生んだ「平成の松蔭」小柳陽太郎先生がこの11月28日92歳の生涯を閉じられた。戦後の教育が「精神」を甘やかし、人間に対する徹底した不信を国民に植え付けた、と先生は若い時から警世の言葉を残された。戦後呪縛からの解放こそ日本の真の再生である。ご冥福を祈る。合掌

一口時評27/12/23来年度予算の政府原案がひっそりと決められる。微増しかできない国家財政困窮の原因は、過剰福祉にある。年金・医療保険の民営化、生活保護の廃止で、一挙に赤字国債をやめよ。財務省は、責任を取って予算編成から手を引き、内閣と新設のブロック機関に福祉総合行政の予算管理をマイナスシーリングで実行させよ。

一口時評28/1/4平成28年の今年は、憲法改正の年である。戦後70年にわたり「耐え難きを耐え忍び難きを忍んできた」日本民族は、本来の使命を取り戻すため占領憲法を改正しなければならない。日本民族の使命は、共存共栄の世界と人類の子孫繁栄の道理の実現に貢献することにある。参議院選挙での改憲勢力の圧勝が不可欠である。

一口時評28/1/18元号法がある。わが国の公式の年号は「平成」である。昨今のわが国の新聞、テレビをはじめほとんど全ての出版物、書き物等が、西暦のみを平気に使う。下手すると政府関係文書まで、「平成」年号を省略する。由々しき悪行である。平成年号は日本民族の魂であり、これを無視する者は、国を愛しているといい難い。まず新聞界あたりからの猛省をのぞむ。

一口時評28/2/6平成28年度予算は、赤字公債発行をやめて編成すべき。赤字の元凶たる福祉予算にマイナスシーリングをかけ、福祉と労働、産業、高齢者就労事業などを総合調整する機関として国地方一体の「道州政策庁」を臨時機関として早急に設立し5年で財政再建を行なうべし。なお、平気で財政法を踏みにじる赤字国債特例法を出す恥知らずの財政当局の無責任さを徹底的に追及すべきである。

一口時評28/2/20日銀はマイナス金利をうちだした。経済の回復・成長が軌道に乗らないあせりだ。超長期的に見てわが国の人口減:出生率ダウンが荒廃の原因で、その対策はモット根本的な国の形自身にある。まず男女共同参画法廃止あたりから手をつけて家族基盤・地域基盤、産業基盤を、非西欧的なもの、日本民族の本源に一刻も早く切り替えていくべきであろう。

一口時評28/2/26野党再編の動きがある。今だに行政改革やら国会議員定数削減などのごまかしの「民衆」迎合策がまかりとおっている。国民の閉塞感、行政の停滞などをみると、ここは行政活力復活本部などを組織するなど、活気溢れる政治・行政を取り戻す方向を打ち出すべきである。こせこせした公務員倫理など取っ払ってしまうべきである。それを言い出してこそ野党再編になる。

一口時評28/3/30占領憲法24条は、「男女の合意のみで婚姻」という非文明的表現で日本の若者たちに決定的悪影響を与えている。せめて解釈改定で、一部でも家制度の復活も許容し、婚姻は家族親戚地域職域などの良心にも依拠するものとせよ。早婚・早期出産こそ民族再興を呼ぶ。

一口時評28/4/13消費税引き上げは、中止せよ。参院選挙の与党公約とせよ。そもそも福祉に際限なく赤字国債財源を振り込んでいることが間違いである。国民に適正福祉水準の覚悟を迫るのが責任ある政治の使命である。福祉マイナスシーリングの設定と実行機関としての道州制を実行せよ。

一口時評28/4/22熊本地震への対応を見ても県当局の防災体制は不十分な観あり。市町村には頼られず(政令市制度も問題あり)、国との連携で立ち遅れ。一方。厚生労働行政の巨大化・能力不足で府県の立場は弱い。社会福祉、防災、道徳復活などで国・地方一体の道州制を敷くべし。

一口時評28/4/30一日も早い占領憲法廃棄が日本の真の「独立」に必要。あわせて憲法24条は若い世代に悪影響を及ぼしている。婚姻・家族を日本の歴史・伝統・慣習を無視して稚拙な規定で破壊し、はては人口の大減少に連なっている。この24条も解釈改憲でもいいから実質廃棄をして、一日も早く日本民族らしい社会規範を取り戻すべきだ。

一口時評28/5/7アメリカ大統領候補にトランプ氏が確定した。彼の主張は、世界の動向に大きな影響を与える。アメリカは「世界の警察官」ではもうない。保護下に甘えていた日本は目覚めるべき時が来ている。まず占領憲法を、国民上げて廃止するところから早急に始めるべきだ。世界新秩序で日本は明治以来の努力を継続する路線を70年前にさかのぼって、取り戻すべきだろう。

一口時評28/5/21舛添都知事の政治資金問題は、あまりにも衆愚政治、衆愚社会をさらけ出してる。都知事を個人的に庇うつもりはないが、大問題に持ち上げるマスコミ、世論に腐ったものがある。そもそも政治資金は、もっと自由に集め使われるべきであり、公的資金でまかなうのは間違い。都知事の行政手腕そのものを問題にせよ。今のところいい業績がないのではないか?

一口時評28/5/28G7が無事終わった。だがG7構成員たるに有頂天は間違い。世界を数世紀リードしてきた欧米文明は指導役の終わりを告げんとしている。人口減をみよ。これからは家と国を愛するに熱烈なる日本民族が人類の福祉・向上に絶大なる貢献をするとき、とは、昭和21年元旦に天皇が宣言されている。国民は、応える努力をせよ。家を愛し愛国心を大事にし皇室を敬愛せよ。

一口時評28/6/25 EUからの英国の離脱は、一つの国際政治的な過程としてありうべきこと。人類は、いくつかの民族、および民族群などの共存において生物的な発展もふくめ文明を築づいていくであろう。大東亜戦争に掲げた日本の「八紘一宇」は、万邦がおのおのその所をえる、とした。英国の離脱も、この国際関係の一つの展開として、政策決定が尊重されるべきである。

一口時評28/6/29 今回の参院選の争点はやはり占領憲法の廃止にあってほしい。憲法24条は、日本人の結婚観を打ち壊し人口減の絶滅に導いている。男女の役割を自覚して子孫繁栄の道を一日も早く取り戻すこと。経済政策でなく社会政策を論じて、家族・職域・地域尊重の社会基盤を真っ当にするが先決だ。仮に貧しくなっても品性正しい生活基盤が日本民族の伝統であろう。

一口時評28/7/15 参院選結果は政治の安定につながりよかった。しかし内憂外患、試練にあっていることの国民認識は薄い。家族基盤の破壊から来る人口減、福祉亡国の財政破綻、国民精神の軟弱化に、中国・北朝鮮の国家崩壊が世界情勢を危険にしている。試練のときと覚悟せよ。

一口時評28/7/25 沖縄・普天間の辺野古移設は、国際公約。妥協なく粛々と実行すべき。但し、@無理な強攻策をとらない。手ごわい相手だからA国の総力を挙げて沖縄県民への理解協力作戦を堂々と進める。思想戦争だ。B中国に対し軍事的万全の措置を日米韓アセアン協力で早急に強化すべきこと。「中国軍」は暴走の怖れあり。以上、辺野古移設は、国難と認識せよ。

 

一口時評28/8/8 平成29年度予算の概算要求が始まっている。要求基準は相変わらず赤字国債無制限発行の無責任ぶり。福祉予算を税収の一定限度に抑えるなど財政節度を取り戻せ。ヘリマネなど無節操に認めるな。財政特例法は頬被り、知らぬ風やめよ。予算担当官庁の無責任さを糾弾せよ。国民に耐乏・清貧の生活の覚悟を求めよ。衰退する欧米の経済論理からはなれよ。 

一口時評28/8/27 北朝鮮の核ミサイルによる威嚇に対して日本国政府は、厳然たる態度を示すべきである。米韓、場合によってはロシアの理解を得て、北朝鮮に断固たる態度をとるべきである。経済封鎖を強め、政治的な圧力を強めよ。北朝鮮政権の崩壊は近いと見るべきである。

一口時評28/9/3 出光と昭シェルの合併反対の動きに賛意を表す。石油の先行き需要減があるからとして合併による寡占利益の確保に走るのは、官僚主義でありグローバリズムの弊害である。経営理念の独自性こそ尊重さるべきで出光の家族主義の経営の理念は、日本の伝統に則り日本社会として尊重さるべき。出光の会社方針の撤回がのぞましい。

一口時評28/9/24 築地市場の豊洲移転について。公害対策の中で土壌汚染は複雑な要素が絡まり手ごわい。東ガスの工場跡地の譲渡の段階で、常識的な安全性は確保されていたはず。問題視されるのを避けようとしすぎたのではないか。豊洲の現在案で十分だろう。マスコミは、煽るな。都知事も都民も冷静な対応が望ましい。

一口時評28/10/14 来る日露交渉において北方4島問題に一定の決着をつけるのはいいことだ。解決策は、「引き分け」「暫定」で、北方4島を共同管理下におくことだ。北方4島が未解決だからとして日露間に70年を超える不仲がいいわけがない。領土管理の新たな国際ルールを北東アジア関係国でつくるべき。いつまでも過去を支配してきた西欧文明の国際法に頼ることはない。

一口時評28/10/29アベノミックスの新展開が必要とされ「失われた20年」の原因が問われている。経済政策の失敗より人口構造、地域構造、社会思想など基盤にメスを入れるべき。まず「出生力の挽回」のために男女共同参画法などの悪法体系を廃止、民族の気力を取り戻すが、先だ。福祉亡国、少子化、高齢化などは経済的には、貯蓄・投資の減少、労働力の不足、国際競争力の低下などを引き起こしている。急がば回れ、基盤から作り直そう。

一口時評28/11/14トランプの勝利、既成勢力の敗退は当然の結果。300対238の地すべり的勝利は世界に波及する。19世紀から始まった社会科学への過信、その際たるものが社会主義・共産主義の教理である。その桎梏から逃れあらためて神に地球・宇宙の差配をゆだねられた動物としての人類のあり方、宇宙進出時代を迎えようとする時代にふさわしい教理が大衆の間で求められようとしているとみるべきなのだ。

一口時評28/11/26プーチンを12月15日山口・長門会議で安部首相は迎え撃つ。北方領土の主権を譲ってはならぬが、一方では領土管理の新国際ルールを東北アジアで作る覚悟も必要だ。数世紀に渡った植民地分割の西欧ルールではなく、宇宙時代にふさわしい新ルールを日本は打ち出さなければならない。竹島も東シナも北方領土も、同じルールの適用を提案すべきである。例えば、住民意思確認とか、原則現状維持とか、資源共同開発とか・・。

一口時評28/12/17平成27年の出生率は1.45でまったく改善ない。「女性の活躍」「保育所」など言われてもう何年もたつ。わが国を「人口減少社会」から助け出すためには、一日も早く誤った政策、すなわち「一億総活躍」のもとの出産適齢女性の労働への引き込み、出産拒否をやめなければならない。子を産む女性を蔑むフェミニズムを追放せよ。若い世代の非婚は、憲法24条、戦後民法の犯罪的結果である。経済成長より民族繁栄が真剣に追求さるべきである。

一口時評29/1/9平成27年の出生率は1.45で改善ない。わが国を「人口減少社会」から助け出すためには、一日も早く誤った政策、すなわち「一億総活躍」のもとの出産適齢女性の労働への引き込み、出産拒否、「女性の活躍」「保育所」などをやめなければならない。若い世代の非婚は、憲法24条、戦後民法の犯罪的結果である。経済成長より民族繁栄が真剣に追求さるべきである。

一口時評29/1/9平成27年の出生率は1.45で改善ない。わが国を「人口減少社会」から助け出すためには、一日も早く誤った政策、すなわち「一億総活躍」のもとの出産適齢女性の労働への引き込み、出産拒否、「女性の活躍」「保育所」などをやめなければならない。若い世代の非婚は、憲法24条、戦後民法の犯罪的結果である。経済成長より民族繁栄が真剣に追求さるべきである。

一口時評29/1/19昭和21年元旦に昭和天皇の言葉「家を愛する心と国を愛する心はわが国民は熱烈、これを拡充して人類愛の完成に献身的努力をせよ」とある。人口増加には「個人を基礎とする世界観を排し、家と民族を基礎とする世界観を確立する人口政策が必要である(昭和16年人口政策確立要綱)」。憲法24条の廃止をはじめ新政策が速やかに展開あるべき。

一口時評29/1/24天皇ご譲位の制度は、慎重に対処すべき。まず摂政宮を置いてしばらく時間をかけて検討、決定すべき。その際@慣行・歴史・伝統を尊重A昭和20年占領政策により変更されたものは原則復帰すべき。例えば11宮家の復帰、元皇室財産の返還、宮内庁の改組など。B元号の使用を政府は励行。最近の「平成」を略し西暦に偏するを是正すべき。マスコミ反省すべし。

一口時評29/1/30国連ハビッタトVは、昨年10月、エクアドルで新都市アジェンダが採択された。スラム再開発、環境などの従来からの課題に加えて計画の再認識に国際的要請がなされた。西欧的文明が力をなくし非西欧的文明が力を持つ時代にふさわしい開発構想・思想の発展に期待したい。人類は、種族繁栄の本能を取り戻し、宇宙空間まで居住スペースを広めていくであろう。

 

 

 
(株)天本俊正・地域計画21事務所

本社:〒227-0045 神奈川県横浜市青葉区若草台7-27
TEL:045-961-1238(FAXも)
事務所:〒107-0062 東京都港区南青山3-7-5 アルプ103
TEL:03-3405-4575(FAXも)

天本俊正事務所

鳥栖:〒841-0003 佐賀県鳥栖市加藤田町2-101-11
TEL:携帯でご連絡ください090−8948−9987